高い技術で知られる古代ローマのトイレは、それほど衛生的じゃなかったみたい

2016.01.12 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160110toilet.jpg


古代ローマと言えば水流トイレと公衆浴場なのに?

水道管はあまり注目されませんが、現代生活においてとても重要な役割を担っています。初期の文明の一つ、古代ローマはそれをしっかり把握していたようです。にもかかわらずローマ時代は、それよりずっと前の鉄器時代よりも寄生虫が広がってしまいました。なぜでしょうか。

寄生虫学のジャーナル、Parasitology紙に発表された研究結果によると、ローマ時代のトイレと家のお風呂は、寄生虫を減らすための対策が何も施されていなかったとのこと。研究を行ったケンブリッジ大学考古学・人類学部のPiers Mitchell氏は、ローマ人はダニやノミに大変悩まされていて、原虫赤痢アメーバによる赤痢によくかかっていたと説明しています。水道管で有名だった古代ローマも、実は結構お腹イタタタな悲惨な時間を過ごしていたそうです。

でもMitchell氏はどうやってその事実を発見したのでしょう?

腸内寄生虫って私たちが思うよりずいぶん耐性があるそうなんです。研究結果の報告書によると「ほとんどの腸内寄生虫の卵は適切な状態であれば、何千年も保存することが可能。考古学的に、便所土壌や糞石(人間の大便が化石化したもの)、または人間の死亡後に腸の内容物の分解が起こる埋葬土壌から人間の排出物は再生することができる」とのこと。アメーバの残りものは、それらに反応する抗体によって検出することができます。ノミ、ダニなどは「土壌の細かいふるいによって検出が可能で、髪の櫛やミイラ、古代の織物などにも見つけることができる」と記載されています。古代の寄生虫は現代でも十分検出が可能ということですね。

ローマには確かに素晴らしい水道管と衛生システムが存在しました。そして下水を街から外へ出し、水をキレイに保つ法令までしっかりありました。それなのに、なんで寄生虫が蔓延してしまったんでしょうか。

Mitchell氏の指摘によると、水道管などの優れたシステムは古代ローマが誇るトイレ・浴場の衛生状況とは全く関係なかったとのこと。まず、ローマ人はガルムと呼ばれる発酵した魚醤が大好きでした。ガルムは古代の化学調味料みたいなものでした。ガルムを入れるとおそらく、食べ物に味わいが加わったんでしょう。でも同時に魚のサナダムシがたくさんのローマ人に寄生しまっていたようです。公衆浴場は衛生的に思えますが、サナダムシをもった人と一緒に入浴することで、病気を広げる役目を担ってしまっていたのかもしれないそうです。

そして何と言っても一番の原因は、街の外へ出す下水の運び方をローマ人が完全に間違っていたということ。食糧の肥料として人糞を使っていました。人糞は肥料としては完全に安全ですが、それは糞が長時間おいて堆肥化されている場合のみ。長時間おくと、寄生虫は死滅し、残りの栄養素が作物の収量を高めるのです。

しかし、ローマ人がそれを知っていたという記録も、長時間おくべきという法令も残っていません。下水設備で寄生虫が完全に死滅したことを確認せずに人糞を肥料として使うと、寄生虫はめぐりめぐってまた人間に戻ってきてしまうのです。

このように、古代ローマが誇る公衆トイレはそれほど衛生的ではなかったようです。ちなみに、古代ローマ人も用を足しながら壁に落書きしていたようです。それは水流トイレとともに現代まで生き延びてますね。


image: Craig Taylor
source: Human parasites in the Roman World: health consequences of conquering an empire

Esther Inglis-Arkell - Gizmodo US[原文
(リョウコ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア