斬新な発想の緑化。森が水上に浮かぶロッテルダムの港

2016.01.17 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160111rotterdam.jpg


木を植える陸地がないなら、水上に浮かばせてしまおう。

上の画像はオランダの工業都市ロッテルダムの港に浮かぶ、木を植えられたカラフルなブイのイメージ図。大きすぎる魚釣りのボバーが花瓶に使われるように、ブイが20本の木々を植えるために使われています。このインスタレーションの名称であるDobberend Bosは、オランダ語で「浮かぶ森」という意味。今年の3月にロッテルダムのレインハヴェン港に出現する予定ですよ。

このアイデアのベースとなっているのは、彫刻家Jorge Bakkerさんの作品です。港周辺を復興させるために行っている水上に浮かぶアート・プロジェクトの一環として、アーティストやデザイナーからなる委員会がこのインスタレーションを提案したのでした。


160111rotterdam2.jpg
アーティストJorge Bakkerが撮影した、2014年時のプロトタイプ


オランダのような陸地よりも水の方が多い国において、水上に浮かぶ森というアイデアはとても理にかなっているものです。マイアミやニューオーリンズといった都市は以前から海面上昇に苦闘していますが、このアイデアは気候の変化による悪影響のせいで緑を増やそうと努力しても数十年というタイムスパンでしか画策できないような沿岸都市にとっては名案かもしれません。この先どうなろうとも、水上に浮かぶ森や公園(橋や船からアクセスできる)があれば、緑化に貢献するだけでなく公共のスペースを画定するのに役立ちそうですしね。


source: Dobberend Bos via Pop-Up City

Alissa Walker - Gizmodo US[原文
(たもり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア