ついに解禁! もうすぐテスラの自動運転プログラムが日本でも使えるって

2016.01.12 19:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160112tesla-autopilot001.jpg


もう、日本だけが除け者なんて言わせない!

昨年10月にテスラからリリースされた「ソフトウェア7.0」の配布が日本でも開始されることが、Car Watchの取材で明らかになりました。

ソフトウェア7.0の目玉は、何と言っても自動運転アプリ「オートパイロット」。他にも縦列駐車を自動でしてくれる「オートパーク」や車線変更機能の「オートチェンジ」などを搭載しています。昨年の時点では、世界中で配布されつつも日本や香港では除外されていたオートパイロットですが、ようやく国土交通省との折り合いがついたので、1月中に配布が始まる見込みです

さて、そのソフトウェア7.0なんですが、海外では1月10日に「7.1」へアップデートされています。今回追加されたのは、スマホから操作することで車両を自動的に車庫から出すSummon(召還)と呼ばれる機能です。車庫のシャッターのリモコン機能と連携させることで可能になりました。朝出勤しようと外に出ると、もうそこに自動車がスタンバイされているってこともできるようになったんです(しかもガレージはしっかり施錠済み)。対応しているのはModel XとModel Sです。なおSummonは現在ベータテストとして提供されるのみで、日本で配信予定のソフトウェアにはSummonは追加されません。

イーロン・マスクは、Summonをスケールの大きいプロジェクトとして考えているようです。彼は、この機能の延長として「2年以内にテスラの所有者は、自動車を呼び出して米国全土を自動運転で走行できるようになるだろうと」コメントしています。




発表によれば、Summonは持ち主と自動車の距離が3マイル(約4.8km)以内なら使えるとのこと。遠くにある乗り物を呼び出せるなんて、筋斗雲みたいですね。これが使えるようになると、交通や流通の常識も変わってきそうです。

例えば縦走登山をする時、自動車で登山口まで行くのは避けられがちでした。登り口と降り口の場所が山を隔てて離れている場合、帰りがけにわざわざ車を取りに行くのが手間だからです。ですが、Summonを使えば容易に自動車を回収して、そのまま帰宅できます。離れすぎると使えないという制限はありますが、それも徐々に改良されていくでしょう。「置いてきた車があるから」という不便は、将来的には昔話になってしまうかもしれませんね。


追記(2015年1月14日23:15):Summon機能に関する箇所で、現在はまだベータテストである点、日本では配信未定である点を追記いたしました。


source: Car Watch,The Guardian,Tesla

(高橋ミレイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア