プラモデル感覚で楽しめるプラスチックフレームの自転車

プラモデル感覚で楽しめるプラスチックフレームの自転車 1

プラスチックを自転車のフレームとして使っても大丈夫、という目測が立ったことの現れかも。

カラフルな自分色の自転車も作れそうです。「Placha」はプラスチックフレームを使った自転車のデザインコンセプト。フレームがプラスチックになっており、そのほかの汎用パーツを組み合わせることで完成します。

あくまでコンセプトCGではありますが、きたる、大型3Dプリンタ時代を見据えたアイディアなのかな、と感じました。強度を失わないレベルならフレームのカスタマイズもOKかと。こちらはボトル用の隙間が穿たれていますが、フレーム上部にスマートフォン&モバイルバッテリーホルダーをつける、ヘッドライトマウントをつけるといった意匠も可能なはず。GoProのマウントとか雲台取り付け部とか。ああ、リアにHEPCO&BECKERのホルダーとかとか!

プラモデル感覚で楽しめるプラスチックフレームの自転車 2

フレーム部分はスナップオン。さらに貫通孔のあるステム、ボトムブラケット、シートポスト部分を締め上げることで強度を高めるのでしょう。

プラモデル感覚で楽しめるプラスチックフレームの自転車 3

パーツの交換はカンタンそう。別色のフレームを使ってもいいですし、塗装するのもアリでしょうね。

source: Jaemin Lee

(武者良太)