デヴィッド・ボウイの星座が誕生

160119bowiestar.jpg

伝説のロックスター、本当に星になる。

世界中がまだまだデヴィッド・ボウイの死を悼んでる中、スターの彼にピッタリなあるものが捧げられました。デヴィッド・ボウイという名の星座、しかも稲妻型!

ベルギー・ブリュッセルにあるMIRA天文台が、地元ラジオ局と協力して火星近辺にある7つの星を星座として登録。DDBブリュッセルによると以下の通り。

「ちょうどいい星を決めるのには苦労しました」と語るのは、MIRA天文台のPhilippe Molletさん。「ラジオ局にデヴィッド・ボウイに銀河系でもユニークな位置をあげてほしい、との依頼がありました。ボウイのアルバムを色々と見ながら、てんびん座シグマ星、スピカ、おとめ座アルファ星、ケンタウルス座ゼータ星、SAA 204132、みなみのさんかく座ベータ星、SAO 241641の7つの星を火星近くから選びました。この星座の形はボウイの有名なあの稲妻型になっていて、彼が亡くなった時間ちょうどに登録されています」とのこと。

伝説のロックスターは星となって私たちを空から見ていると思うと、少し寂しさもまぎれるような気もしますね。

source: HuffPo

Rob Bricken - Gizmodo US[原文

(リョウコ)