ウェアラブルにも色んな種類があって、今度はチェアです。

ウェアラブルにも色んな種類があって、今度はチェアです。 1

椅子のウェアラブルってなに?

写真を見る限り、歩行を補助してくれたり、重い物を持ったりするときのロボットスーツのようにも見えますが、用途は逆中腰の姿勢で「座る」ことのできるウェアラブルチェア「archelis(アルケリス)」といい、医療現場のニーズから生まれました。

現在の医療は少し昔から比べても飛躍的に向上しており、切開しなければならないような手術にしても、小さな穴から鉗子などを操作するだけでできるようになっていたり、ロボット工学との融合もあり、細かい作業を患者の負担にならないようにと発達しています。けれども、1つの手術にかかる時間は切開したほうが早いことが多く、切開しない手術は長時間化や無理な姿勢を続けなければならないと、手術をする医者に負担がかかっているのが現状です。

そんなとき、このarchelisを装着することで、「歩く+中腰姿勢の維持」をサポートし、長時間の姿勢維持を可能にしてくれます。これは、ほとんど立ちっぱなしの医療現場のスタッフの身体的負担軽減につながります。また、手術室での使用も踏まえ、強靭・軽量・柔軟性を実現し、さらにコードレス及びノンエネルギー設計となっています。現在、特許出願中とのこと。

千葉大学フロンティア医工学センター監修のもと、金型製作会社である株式会社ニットーが開発し、デザインは多くの受賞歴のある西村拓紀氏が担当しています。

千葉大学フロンティア医工学センターの准教授、川平洋博士は、archelisについて下のように語っています。

鉗子の先端数ミリでの動作が求められる腹腔鏡手術では「体幹の安定」が手術の安定性に大きく影響を及ぼします。archelisによって、医療従事者が抱える特殊な環境での中腰姿勢を高次元の安定性でサポートできる器具として可能性を感じています。

発売時期はまだ未定ですが、医療現場だけではなく、異なった多くの現場で活躍できる器具として、大いに注目です。

source: archelis 公式サイト

(okeyuhi)