マシュマロポンなタオルより薄い。持ち運べるバスタブ

    マシュマロポンなタオルより薄い。持ち運べるバスタブ 1

    マシュマロポン!

    お風呂に入りたい。シャワーではなくお風呂。どこにいても、どんな時でも、何がなんでもお風呂にはいりたい時があります。持ち運びできるバスタブは、そんな何が何でもお風呂が好きという人がきっと考えだしたに違いない! ポータブルバスタブ「Xtend」をデザインしたのは、Carina Deuschlさん。ケルン国際家具見本市で行なわれた「ピュアタレント」コンテスト出展作品です。

    マシュマロポンなタオルより薄い。持ち運べるバスタブ 2

    フレームは軽量カーボンファイバー製で折りたたみが可能。脚は取り外します。アウトドアの椅子やテーブルと同じアイディアですね。折り畳んだ場合、その薄さはたったの8.5ミリ! 重さもたった7キロ。これならば、大きめのスーツケースにしばりつけて共に旅行できますね。フルバージョンだと、蛇口だけでなくシャワースタンド&ヘッドまで取り付けることができます。

    動画の組立てをみると、けっこう面倒くさそうですが、ポータブルってのはこんなもの。そうまでして風呂にはいりたいかと問われたら、そうまでして風呂に入りたいときもある!と声を大にして叫びたい。叫んだものの、こちらはまだコンセプトですけれど。

    マシュマロポンなタオルより薄い。持ち運べるバスタブ 3

    source: Carina Deuschl via designboom

    Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

    (そうこ)