ちょっと複雑な気持ちになる...スマホを着用した未来の食事風景

2016.01.27 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160126futurediningsamsong.jpg


じつは、スマホを片手に食事をする現代人と大差ないのかもしれません。

いかがでしょう、食事中にVR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを頭部に着用した未来のイメージ。ちょっぴり違和感のあるトップ画像を公開したのは、とあるパロディーサイト…ではなくサムスンです。

21世紀だからといってさすがにレストランでウェアラブルを身につけながら食事を摂るなんてご冗談を...と否定モードに入りたくなりつつも、1度、サムスンの描く未来がどんなものか覗いてみましょう。以下は、サムスンの公式サイトに掲載されている文章を翻訳したものです。ジョークじゃありませんよ。


イタリアのトスカーナにあるレストランで食事を待つあなた。さわやかな風に乗って広がる豊かな庭の花々の香りを楽しみつつ、サムスンのGear VRを調整しましょう。メインコースがテーブルに運ばれるときには、目の前の風景はイタリアンのテーブルセットから、水中の世界に一変します。数々の魚やイルカたちと泳ぎながら、3Dでテーブルの上のドリンクたちがパシャッと水しぶきをあげるのも見えますよ。


...はて。これはなにかの間違いかしら、そもそもレストランで水中体験って食事前に酔わないのかしら...とか、色々混乱しちゃいそうです。でもこれ、あくまで公式ウェブサイトで公開されている文章ですよ。さらに次のように続きます。


...さて、このすべてが起きることを想像してみてください。見て、聞いて、味わって、香って、感じることのできるこの魔法は、バーチャルリアリティーの技術で実現できます。サムスンのGear VRを使えば、ただお皿に乗った食事を提供するだけのレストランは、新たなレベルへ。知覚体験を楽しめる場所になります。


「新たなレベル」のレストラン...いかがですか?

いやいや、食事中にガジェットを身につけて水中を潜るのは魔法じゃないぞ、という人も、レストランはただ楽しく仲間と美味しい食事を楽しむ場所で結構だという人も...こんな未来は遠慮したいと思った人は多いのでは。

でもちょっと立ち止まって考えてみると、これこそが、もしかしたら本当の未来かもしれませんよ。

現代だって、レストランの待ち時間にスマホで暇をつぶして、食事中でもスマホを片手にとる時間があれば、額にガジェットをつけて食事を摂るのも同じようなことなのかもしれないですからね...!

もはや未来のバーチャルリアリティは、ゲームのプレイ時間だけにとどまらず、レストランで採用されるなんてことも有り得るのかしら...少なからず、サムスンはそんな未来のイメージを示していますよ。スマホを着用した未来の食卓...みなさんはどう思いますか?


160126samsongchef.jpg


Matt Novak - Gizmodo US[原文
(Rina Fukazu)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • サムスンの決定はなぜ世界一速いのか (角川oneテーマ21)
  • 吉川 良三|角川書店(角川グループパブリッシング)
  • ソニー VS.サムスン
  • 張 世進|日本経済新聞出版社
・関連メディア