スコット・ケリー宇宙飛行士が、宇宙生活の実態をレポート

2016.01.28 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160126scottkelly1.jpg


宇宙で日常生活するってどんな感じ?

宇宙に住むっていうことを想像してみる時、実はあんまり細かいところまで考えませんよね。でも例えば、寝る時。両手が宙に浮いている状態でバンザイしたまま寝るの?とか、全然歩かない状態だと足の裏のタコはどうなるの?とか浮いたまま寝るの?とか考え始めると疑問はつきません。

NASAの宇宙飛行士スコット・ケリーさんは、これまでソーシャルメディアで宇宙の様子をたくさん伝えてくれています。今回は米国巨大掲示板RedditのAsk Me Anything(なんでも答えるよ)で、たくさんの質問に答えてくれました


160126scottkelly2.jpg

(東南アジアの夜景)


ケリー宇宙飛行士の足には新しいタコが


ここ数ヶ月、ケリー宇宙飛行士は靴を履いていません。もちろん地面に足をつけて歩いてもいません。その代わり足を使って浮かんだり、回ったりしています。なので、足の裏のタコはなくなって、足の甲側にタコができ始めているそうです。「足の裏のタコはすごく柔らかくなって、赤ちゃんの足みたいだよ。その代わり足の甲側の皮膚はワニの皮みたいになってきた。ここ国際宇宙ステーションでは足の甲にはしごを引っ掛けて移動するからだよ。」とケリー宇宙飛行士。


160126scottkelly3.jpg


ケリー宇宙飛行士は、腕組みをして両腕が浮かないようにしている


写真に写るケリー宇宙飛行士は、ご飯食べてる時意外は、ほとんど腕を組んでいます。怒っているわけじゃないんです。「無重力の宇宙では、地球にいる時のように両腕は体の横にだらんとは行儀よくしてくれない。両腕が浮いているのは変な感じがするんだ。」とケリー宇宙飛行士は答えています。なので、いつも腕組みをして、寝る時は寝袋の中に両腕を入れ込んで、宙に浮かないようにしているそうです


160126scottkelly4.jpg


宇宙旅行だって荷物を持ってき過ぎちゃうことも


宇宙に行く時は余計なものを持って行ってはいけないなどの制限がありそうに思いいますが、そうでもないみたいです。ケリー宇宙飛行士は好きなアメフトチームの帽子まで持ってきていますね。でもケリー宇宙飛行士に「初日の自分にアドバイスできるなら何て言いますか?」という質問には「余計な荷物は持ってこないで!」と言いたいそうです。


160126scottkelly5.jpg

(こちらはケリー宇宙飛行士のベッドルーム)


ケリー宇宙飛行士にとって寝るのは難しいこと


「僕は眠りが浅いんだ」とケリー宇宙飛行士。「この20年で8時間起きずにぐっすり眠られたことはないかも。何回か目が覚めてしまうんだ」とのこと。宇宙で寝るのは究極に気持ちがいいもんだよ、と語る他の宇宙飛行士たちとは違って、ケリー宇宙飛行士には結構な苦痛のようです。

ここでの睡眠の体勢って、日常生活の体勢と同じなんだ。地球での長い時間仕事した後に、ゴロンとしてゆっくりしようというリラックス感は、ここ宇宙では得られないよ」とケリー宇宙飛行士は語っています。そして、とにかくうるさいそうです。宇宙ステーションはずっと音がしているため、毎晩耳栓をして寝ているんだそう。無重力は方向感覚がなくなってしまうそうで、「目を閉じると、落ちていってしまうような感覚に陥るんだよ。まぁ実際に地球の周りをぐるぐる落ちてるんだけどね」とのこと。

とは言うものの、ケリー宇宙飛行士はちゃんと他の宇宙飛行士たちと同じ睡眠サイクルを取っているとのこと。「宇宙ではグリニッジ標準時を採用していて、朝は6時に起きて、夜は10時に寝ますよ。」とのことです。


160126scottkelly6.jpg

(一番左は油井さん。みんなで緊急時の対処を練習しているところ)


宇宙飛行士たちは本当にみんな仲良し


たまにお互いにいたずらを仕掛けることはありますが、宇宙ステーションの宇宙飛行士たちはとても仲良しなんです。もちろん、仕事のことで言い合いをすることはありますが、みんな自分たちは真っ暗な宇宙の中にいる小さなただの人間なんだとわかっているんです。だから「みんな仲良くしてるよ。だって宇宙で頼れるのはお互いだけなんだからね」とケリー宇宙飛行士。


160126scottkelly7.jpg


ケリー宇宙飛行士は惑星直列を探し中


現在、夜明け前の地球から目視できる5つの惑星を全て見ることができます。ケリー宇宙飛行士もそれを見ようと奮闘中。「ずっと探しているんだけど、私たちがいる軌道からはまだ見えないんだ。もうすぐ見えるようになると思うけど。ちゃんと探しておくから、見えたらみんなに僕からどんな風に見えるかシェアするよ」と言ってくれました。


160126scottkelly8.jpg

(ケリー宇宙飛行士が冷却ポンプを直しているところ)


「ちょっと話があるんだけど...」という言葉はどこにいたって怖いもの


宇宙にいて怖いですかという質問に、ケリー宇宙飛行士は置かれた環境自体はあまり重要視しない答えをしています。「小さな宇宙船にいて、数センチ先は死を意味すると思うとちょっと怖いよ」とのことですが、それを一番実感するのは宇宙遊泳中している時だそうです。「地球にかかった雲を見ていると、雲がどれくらい高いかわかるので、それよりももっともっと上に自分たちがいるんだと実感するよ。でもそれを怖いとは思わない。ただ宇宙にいるんだなと思うだけだよ」とケリー宇宙飛行士は答えています。

でもそんなケリー宇宙飛行士も怖いと思ったこともあるそうで、それはNASAに「ちょっとキミに個別に話があるんだけど。」と言われた時だったそう。「地上から電話があって、自分宛だった時は怖かったよ。それはだいたい何か悪いことがあった時だから」とのこと。その時の詳しいことは話してくれませんでしたが、5年前にケリー宇宙飛行士が宇宙ステーションにいる時に、彼の義理の姉であるガブリエル・ギフォーズ下院議員が撃たれたことがあったので、その時のことだったのかもしれません。


160126scottkelly9.jpg

(ケリー宇宙飛行士によって撮影された宇宙で咲いた花)


宇宙ステーションは...くさい


もちろんですが、国際宇宙ステーションは過去15年間一度も空気の入れ替えをしていません。「どこにいるかで匂いは変わるんだけどね。防腐剤の匂いだったり、ゴミ臭かったり」とケリー宇宙飛行士。でも宇宙遊泳から戻って来るところのハッチはの匂いは他とは全然違うみたいです。「ハッチを開けた時の匂いは、金属が焼けてるような匂いだよ」とのこと。


160126scottkelly10.jpg


宇宙でのトイレは怖い


「仕事していて一番ゾッとしたことは何ですか?」と聞かれたケリー宇宙飛行士は、「だいたいトイレ系だね」と答えています。宇宙ステーションでのトイレのびっくり話は何度か記事になっているので、トイレがゾッとしたことだと聞いてもびっくりはしませんね。でもケリー宇宙飛行士、新しいトイレ話をしてくれました。「最近、酸とミックスされた大量のオシッコを片付けたよ」とのこと。なんで酸と? と思いますが、トイレがつまらないように酸と混ぜるんだそうです。


160126scottkelly11.jpg

(みんなで映画オデッセイを観ているところ)

ケリー宇宙飛行士はSFマニア


宇宙を題材にした映画、ゼロ・グラビティやオデッセイをケリー宇宙飛行士も観ているそうですが、彼はスターウォーズが大好きで、スターウォーズ関連ツイートをよくしてくれています。地球に戻ったらSF以外の映画も見たいそうです。


160126scottkelly12.jpg


宇宙飛行士は液体の塩を使う


宇宙ステーションで粉末を使うとシステムにとって大惨事になりかねません。「塩の代わりに液体の塩を食事にかけて食べるんだ」そうです。


160126scottkelly13.jpg

(バハマの写真)


一生懸命働く価値あり


宇宙飛行士たちは楽しそうだなと思いますが、人間が宇宙で生活するということに対してどれほどの作業がおこなわれているかというのは忘れがちです。「ものすごいたくさんの熱心な働き者のみなさんのおかげで、これが実現できているんだよ」とケリー宇宙飛行士。

遠くから地球を見るのは、本当に息を飲む光景です。「青い海の美しい色やコントラストは、とにかく絶景」とケリー宇宙飛行士はお気に入りのバハマの写真をあげています。夜の北朝鮮と韓国やハリケーン・パトリシアを見たのはすごかったそうです。地球に戻ったら、自然にもっと感謝するだろうねと言っています。

ケリー宇宙飛行士は、NASAがこの先もずっと探検と発見をし続けて、未来への境界線を取っ払って行って欲しいと思っているんだそうです。現在の大統領選についてのコメントは避けていましたが、候補者には会ってみたいと話していました。「次の大統領にも、ミッションを達成するための予算のサポートをしてほしいと思っているよ。それがどんなミッションであったとしてもね」


160126scottkelly14.jpg

(地球を飲み込むオーロラ)


2015年の3月27日、ケリー宇宙飛行士はミハイル・コルニエンコ宇宙飛行士と一緒に宇宙ステーションに到着しました。彼らは2016年3月3日に地球に帰還します。NASAにとってケリー宇宙飛行士は、米国人の最長宇宙滞在記録となります。こんな風に現在宇宙にいる人にネットで質問ができる日が来るなんて、感動です。


image by NASA/Scott Kelly
Source: NASAReddit

Mika McKinnon - Gizmodo US[原文
(リョウコ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア