空中と水中をシームレスに飛び、泳ぐ。完全水空両用ドローン

空と水の間を自在に移動。

YouTubeには、海とか湖でドローンを飛ばしてたら途中でバッテリーが切れてあたふた、という動画があふれています。そんな事態を避けるには、そもそも高価なおもちゃを水の上で飛ばさないか、または水に落ちても大丈夫なドローンを作るしかありません。

そしてそんなドローンを実際作ったのが、オークランド大学の埋め込みシステム研究所です。この「Loon Copter」、見た目は普通のクアッドコプターですが、フレームの下に謎の筒が下がっているのがミソです。ここで、水に入ったときのドローンの浮力を調節するんです。

160128_waterdrone2.jpg

筒の中が空気だけの状態だと、Loon Copterは水面に浮かぶことができ、ブレードを回して水の上を進むこともできます。筒の中の空気を抜いてそこに水を入れると、Loon Copterは沈みます。そのときちょっと斜めに沈んでいき、沈みきると横向き状態になっています。そして空中では上向きだったプロペラを横向きにして、それを回すことで水中を泳いで行きます。

いったん水に沈んだLoon Copterを空中に戻すのも簡単で、ただ水面に出して水のバラストを抜くだけです。これまでにも水中を泳げるドローンは存在していましたが、水に入ると電波がつながりにくくなるため、本体とコントローラーの間をケーブルでつなぐ必要がありました。でもLoon Copterはケーブルが不要で、空中・水中をシームレスに移動することができます。

この技術は単に水の上で安心して遊べるドローンだけではなく、捜索救助活動用のドローンにも応用できそうです。広い海や湖の上を飛んで人やものを素早く探し、見つかったら水中に飛び込んでいく、といった使い方ができるはずです。

source: Oakland University’s Embedded Systems Research Laboratory via Gizmag

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(miho)