統合失調症の原因解明に大きな一歩。リスクを高める遺伝子が発見される

統合失調症の原因解明に大きな一歩。リスクを高める遺伝子が発見される 1

新たな治療法への第一歩。

人口の約1%がかかっている統合失調症の原因は長い間不明とされてきましたが、その謎の一部が解けてきました。約6万5000人分の遺伝子分析に基づく研究で、統合失調症にかかわる遺伝子と、それが発症する生物学的プロセスが明らかになったのです。現在の統合失調症の治療は、薬で症状を緩和するだけで、原因から完全に治すものではありません。しかし、この発見によって新たな治療法につながるかもしれません。

「統合失調症の仕組みは、初めて記述されて以来ずっとブラックボックスになっています。その理由のひとつは、その異常を細胞や動物でモデル化することがほぼ不可能ということでした」スタンレー精神医学研究センターのSteven McCarroll氏は言います。「でもヒトゲノムによって、この病気の研究のための新しいパワフルな手法ができつつあります。」

2014年、McCarroll氏は統合失調症のリスクファクターを持つヒトゲノムの領域100ヵ所以上を特定した国際的プロジェクトに参加しました。そして彼のチームはNatureに掲載された論文で、特に大きなリスクファクターとそれによって異常が起こる仕組みを明らかにしたのです。

McCarroll氏の研究チームでは、統合失調症の2万9000人とそうでない3万6000人のDNAを分析しました。その成果について、ニューヨーク・タイムズでは以下のように伝えています。

研究チームは、ある人の統合失調症のリスクが遺伝子によって高くなるステップをまとめた。そのリスクは、「シナプスの刈り込み」と呼ばれる自然なプロセスと結びついていることを彼らは発見した。シナプスの刈り込みとは、ニューロンとニューロンのつながりであるシナプスのうち、弱いものや余剰なものを刈り取っていくものである。この活動は思春期や青年期に、思考や計画のスキルの中心である脳の前頭前野皮質という部位で主に行われる。この新たな研究は、刈り込みを加速したり強めたりする遺伝子を持つ人は、統合失調症を起こすリスクがそうでない人より高いことを示唆している。

McCarrol氏らによれば、染色体の主要組織適合遺伝子複合体(MHC)という遺伝子領域にはC4という遺伝子(トップ画像の緑の部分)があり、C4からはC4-AとC4-Bという2種類のタンパク質が生み出されます。そしてこのC4-Aが過剰だと、シナプスを余分に刈り込んでしまうのだと結論付けられました。統合失調症を発症するケースが思春期や青年期に多い理由も、ここから裏付けられそうです。

この発見は大きなブレークスルーではありますが、McCarroll氏らは「これはより効果的な治療法に向けた第一歩に過ぎない」としています。

「精神疾患の分子的な原因はほとんど理解されていないため、製薬企業が新たな治療法を研究することはわずかにしかありませんでした」メンタルヘルス国立研究所の所長代行、Bruce Cuthbert氏はこう言います。「この研究が、ゲームを変えるかもしれません。」

Top Image:via Heather de Rivera / McCarroll lab.

source: NatureNYTimes

Maddie Stone-Gizmodo US[原文

(miho)