「スター・ウォーズ/エピソード8」公開が7カ月延期

「スター・ウォーズ/エピソード8」公開が7カ月延期 1

待ちに待って、もうちょい待つ。

スター・ウォーズファンは、最近忙しい日々をおくっていることでしょうね。昨年公開になった「フォースの覚醒」で関連イベントがグッズが目白押しだし、そうこうしているうちにすぐまた新作公開だし…。いや、どうやら十分一息つける時間がありそうです。

スター・ウォーズシリーズの次回作となる「スター・ウォーズ/エピソード8」の公開が、2017年5月から7カ月延期となりました。延期後の公開予定日は2017年12月15日

エピソード8で監督、脚本をつとめるのは、ライアン・ジョンソン氏。噂では、脚本を大幅に書換えていると言われていますが、延期すればその時間も十分とれるでしょう。また、当初の5月公開だと、夏に向けて公開される数多くの大作と時期がかぶり、競争も厳しくなること間違いなし。昨年12月公開で記録的なヒットを記録した「フォースの覚醒」同様、12月公開でゲンを担ぐのも悪くないでしょう。まぁ、2017年12月は「アバター2」の公開が予定されていますけど。

スピンオフ映画となる「ローグ・ワン:ア・スター・ウォーズ・ストーリー」は、予定通り、今年の12月16日公開のままです。

ジョンソン監督は、公開延期のニュースに関してこんなツイートを。スター・ウォーズとクリスマスのコラボ。

Germain Lussier - Gizmodo US[原文

(そうこ)