待ってました! Surface Bookは2月4日発売開始、予約は1月14日から

待ってました! Surface Bookは2月4日発売開始、予約は1月14日から 1

マイクロソフト渾身の、最新・最強のWindowsノートPC「Surface Book」がついに2月4日、発売です。

売れすぎちゃって困るほど、世界中で人気が高騰しちゃって日本への投入はまだかと待ち焦がれていましたが、予約は明日(記事執筆時点)の1月14日から、一般全国量販店、Microsoft Store(オンライン)で受け付け開始です!

Surface Bookはマイクロソフトいわく、13.5インチサイズのラップトップとしては最も優れた性能であると豪語するWindows 10搭載高スペックマシンです。最新のIntel Coreプロセッサに、NvidiaのGeForce GPUを搭載、MacBook Proよりも2倍高速なパフォーマンスを発揮。バッテリー持ちも12時間なタフガイで、さらにまさかのディスプレイを取り外してタブレットとして使うこともできるという、2-in-1 PCとしても使える器用さを兼ね備えています。

Surface Bookの日本での一般向けモデルの価格は以下のとおり。

204,800円(CPU:Core i5、メモリ:8GB、記憶域:128GB)

249,800円(Core i5、メモリ:8GB、記憶域:256GB、外部GPU搭載モデル)

269,800円(Core i7、メモリ:8GB、記憶域:256GB、外部GPU搭載モデル)

344,800円(Core i7、メモリ:16GB、記憶域:512GB、外部GPU搭載モデル)

一般向けモデルには、Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスがプレインストールされています。

どうせなら、最強スペックのモデルが欲しいところだけど、35万近くもするのか…。また、一般向けでは2月3日(水)までに予約すると、予約特典として特製 Surface ペンスタンドをプレゼントとのこと。

Surface Bookに関しては、米Gizmodoからのハンズオンレビューで、感動でMacからWindowsに戻りかねないと絶賛されていたりなど、評価はすこぶる高いですね。

ここ数年MacBookに大きな変化は訪れず、よくも悪くも安定している昨今、マイクロソフトの野心的なSurface Bookで、久しぶりにWindowsに戻ってくる人も増えそうです。しばらくは、1番自慢できるPCであることは間違いないし、スタバでドヤるにも最高ですね。

source: マイクロソフト

(mayumine)