「フォースの覚醒」、DVD版には「本編で削除されたシーンはあるけどエクステンデッド版はない」

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」には予告編にはあったのに本編でなかったシーンがあることからもわかるように、カットされたシーンがいくらかあるようです。監督のJ・J・エイブラムスさんは、「本作のDVDにはシーンが追加されたエクステンデッド版があるのか」と質問されています。

Entertainment Weeklyにインタビューされたエイブラムス監督は、DVD版には本編で削除されたシーンは入るけれども、エクステンデッド版は計画していないと語っています。

ビバリーヒルズで行われたテレビ評論家協会のプレスツアーで、新作Huluドラマ「11.22.63」のパネルを行った後、エイブラムス監督はインタビューに答えこう語りました。

「削除されたシーンは入れますが、エクステンデッド版はありません。」

劇場公開された2時間16分に落ち着くまでに、一番長かったバージョンはどの程度かという質問にはこう答えています。

「一番長いバージョンはどれだったか覚えてないな。たぶん最初のバージョンはクレジットも含めると2時間50分近くあったんじゃないかな」

とはいっても「スター・ウォーズ」シリーズは、今に至るまで何度も細かな編集が繰り返されているのがある意味では伝統です。もしかしたら2035年ごろには「フォースの覚醒:特別篇」なんかが登場したりして。そうはならないにしてもDVDが発売されたら、きっと削除されたシーンを混ぜ込んだファンによる編集版が登場して、もしかしたらあり得たかもしれないバージョンの「フォースの覚醒」を目にすることができることでしょうね。

source: Entertainment Weekly

Andrew Liptak - Gizmodo US[原文

(abcxyz)