テクノロジー界の著名人がデヴィッド・ボウイを偲ぶ

20160111bowie01.jpg

1月10日にデヴィッド・ボウイがこの世を去りました。彼のキャリアを改めて振り返ると、常に未来を予測して一歩先を進んでいたアイコンとして、常にイノベイティブな存在だったことが思い出されます。特に、テクノロジーの可能性と未来を信じる多くの人にとって、進化の先にある世界を想像するキッカケを与えたのでした。

誰よりも先に文化的象徴を探り当てる優れた感覚、そして不可侵領域だと思われていた世界へ誰よりも早く入っていく実験的精神によって、ボウイは2つの未知の世界へのドアを開きます。その世界とは「宇宙」と「テクノロジー」でした。

世界が宇宙飛行に湧いていた時代に、宇宙旅行や宇宙人の来訪、ロケット科学に始まる宇宙開発の行く末を予想させるアイデア。そして、世界初のネットダウンロード配信、サブスクリプション型SNS、インタラクティブCDなど、SNSやサブスクサービスが一般化するはるか前から取り組んできたデヴィッド・ボウイは、宇宙やテクノロジーの世界を刺激して発展に貢献してきた1人と言えるかもしれません。

訃報を受けて、テクノロジー業界の著名人や企業が次々と追悼メッセージを投稿しています。宇宙ビジネスに取り組んで注目を集めているリチャード・ブランソンやイーロン・マスクといった人たちもボウイの功績に対して惜しみない賛辞を贈っています。

リチャード・ブランソン(ヴァージン・レコード)

イーロン・マスク(SpaceX、テスラモーターズ)

ソニー

BOSE

SONOS

Beats by Dre

Twitter

Instagram

Spotify

IMGUR

マサチューセッツ工科大学(MIT)

SXSW

NASA

国際宇宙ステーション(ISS)

欧州宇宙機関(ESA)ロゼッタ

野口聡-(宇宙飛行士)

クリス・ハドフィールド(宇宙飛行士)

ティム・ピーク(宇宙飛行士)

マーク・ハミル(「スター・ウォーズ」)

source: David Bowie

(Yohei Kogami)