大丈夫かツイッター...。幹部が次々と去る

大丈夫かツイッター...。幹部が次々と去る 1

ツイッターの幹部が次々と会社からの離脱を表明しています。

今回離脱を表明したのはメディア部門トップのKatie Jacobs Stanton氏、そしてプロダクト部門トップのKevin Weil氏。またエンジニア部門の上級副社長であるAlex Roetter氏や数名が離脱を考えているとニューヨーク・タイムズは報じています。

近年のツイッターは人気低下が著しく、ユーザー数ではほかのSNSに差をつけられ始めています。先週の水曜日に公開されたの株価は過去12カ月でなんと57%も下落しており、とても厳しい状況のようです。いまだツイッターは主要なSNSとしての地位を築いているかに見えますが、その未来は不透明なようですね...。

最近はさまざまな新機能を実装したり、140文字を廃止するとかしないとか?とにかくユーザーの引き止めに必死な様子。日本人が大好きなツイッター、今後がちょっと心配です。

image by lupulluss / shutterstock

source: ForbesNew York Times via Digital Trends

(K.Yoshioka)