アップル、Wi-Fiアシストをちょっと改善へ

160114wifiassist.jpg

よかれと思ってやったことです。

iOS 9で出てきた新機能にWi-Fiアシストというのがありました。Wi-Fiの電波が弱いときに自動でセルラーデータに切り替えるという世話好きな機能なのですが、残念ながら一部のユーザーにはウケがよくなく、大惨事に。

iOS 9.3のベータ1でもWi-FIアシストは健在ですが、ちょっとだけ改善仕様になっています。Wi-Fiアシストのオンオフ切り換えメニューの下にデータ容量が表示されるように。この機能でどれだけデータ通信されたか、それを表示するようになったのです。

正直、まだ十分とは言えません。Wi-Fiアシスト発動時はステータスバーにアイコンを表示するなど、はっきりと一目でわかるようにしてほしいと思います。が、少なくともデータ容量を表示することで、自分の契約プランと照らし合わせ、機能をオンオフすることはできるようになりますけれど。

データの使い過ぎが心配な人は、始めからWiFiアシストをオフにしておくのをおすすめします。Wi-Fiアシスト、悪くないんだけどな。もうちょっとこう、おせっかいじゃない方法でやってほしいのよね。

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(そうこ)