YouはShock! 音が天から落ちてくるワイヤレスなサウンドバー+α

2016.01.05 17:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160104-edqpclt6hikgihyaqzc6-R_ces.jpg


リターンホームシアターしちゃう人、増えるんじゃないかしらん。

90~00年代に流行したホームシアターは現在、残念ながら下火です。ディスプレイ側のクオリティは大幅にアップしたんですけどねえ。部屋のあちこちに(場合によっては天井にも)設置しなければならないスピーカーがぶっちゃけ邪魔。ルンバやダイソン360Eyeがスピーカーケーブルをひっぱってきちゃうことを考えると、シンプルな構成がいいよね...となりがちでして。

しかし、時というのは経つモノです。新しいモノも生まれるものです。オーディオビジュアル部屋があるような貴族の嗜みとなりつつあるこのホームシアターに、もしかしたら福音が訪れようとしていますよ。CES 2016サムスンがお披露目する「HW-K950」という福音が。


160104-Audio_CES2016_Main_1-R.jpg


テレビやスクリーンの下に設置するサウンドバーワイヤレスのリアスピーカー&サブウーファーの組み合わせで、5.1.4チャンネル環境を実現。サウンドバーとリアスピーカーは天井に向けて音を放って反射させるイネーブルドスピーカーの機能も備えており、リアリティと3次元感たっぷりのサウンドステージが作れます。かんたんに!

天井バウンス型のドルビーアトモスサウンドバーといえばすでにヤマハのYSP-5600がありますが、こちらは四方が壁で覆われた部屋じゃないと効果を発揮しにくい(リビングダイニングだと音が抜けやすい)のに対し、リアスピーカーを持つ「HW-K950」は四角い部屋じゃなくても没入感高い音場となりそうです。

こうなると気になるのはプライスです。適正な価格であるなら、キラーホームオーディオシステムとなりそうですよね。


160106_ces_long.jpg

CES 2016関連記事まとめはこちら!


source:サムスン

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(武者良太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア