賞金1億円への第1歩。Air Hogsの低価格ドローンでレースに参加しやすくなる

賞金1億円への第1歩。Air Hogsの低価格ドローンでレースに参加しやすくなる 1

ドローンで一攫千金や!

ドローンレース。日本でもじわじわと人気がでてきているようですが、世界ではかなり大きな動きになっています。なんせ来月にドバイで開催されるドローンレース「World Drone Prix in Dubai」の賞金は、100万ドル(約1億1400万円)というとんでもない額ですから。欲しいなぁ1億円、やってみるかなー、ドローンレース。残念ながらドバイのレース、日本予選はすでに終了。そもそも、1億超えの賞金を狙い、出場者はそれ相応の技術と資産を投じて参加していますから。やってみるかなーの素人じゃねぇ。しかし、どこかで最初の1歩を踏み出してこそ、先に1億円が見えるわけで…。

前置きが長くなりましたが、その最初の1歩にピッタリなのが、ドローンメーカーAir Hogsが新たに発表した「Helix Race Drone」。その名の通り、Air Hogsのラインナップで操縦しやすいと人気のHelixをレース仕様にしたものです。スピードアップする代わりに操作はちょっと難しくなっています。

賞金1億円への第1歩。Air Hogsの低価格ドローンでレースに参加しやすくなる 2

レースのためにローター周りにはプロテクターがあり、ちょっとやそっとの衝撃には耐えられます。何より嬉しいのは、価格が60ドル(約6,800円)というところ。何万円もするドローンが墜落するのはショックが大きいけれど、1万円未満ならば…。ちょっと高価な趣味として、ドローンレース初心者にはいいのではないでしょうか。

こうして力をつけて、ドローン自体もレベルアップしていけば、いつか1億円を手にする日も…。

source: Spin Master

Andrew Liszewski - Gizmodo TOYLAND[原文

(そうこ)