1960年と現在で、食へのお金の使い方は激変している

160208foodusa.jpg

1960年代と今では食事に関するお金の使い方が様変わりしています。その違いは、味の種類や進化するパッケージなど様々にありますが、一番の違いは外食と中食にありました。

米農務省が、過去55年間のアメリカの食品購買動向をまとめたデータを公開しています。このチャートを見るとまず目につくのは、食品に使われた金額の上昇です。でもこれはインフレを考えるとそんなに大きな違いではありません。一番の違いは、そのお金が何に使われているかです。

1960年代のアメリカでは、食費は外食にはほとんど使われていませんでした。2014年になる頃には、外食にかける費用が食費の半分を超えるまでに(50.1%)伸びています。

160208foodusa2.jpg

この変化の理由は何なのでしょうか? ひとつには、人々が忙しく、以前に比べて食事を準備するために割く時間が減ったことにあります。しかしそれ以上に、「外食」のあり方の変化が外食費の伸びの理由にあるようです。

50年前のデータを見ると、「外食」というのは、レストランへ行き、そこでオーダーして、食べ終わるまでレストランで過ごすことを意味しました。しかし今では「外食」はもっと気軽なものになっています。テイクアウトや、ファストフード、食事の宅配といった、より「カジュアル」な外食はレストランでの外食と同じくらい一般的となり、レストランよりも急速に成長しています。

つまり、1960年代の外食は、計画を立てて待ち望むものであり、今日の外食は「今晩何食べよう?」という日常的な問題に対する答えの一つというわけですね。さて、今日の夕食は何にしようかな~?

Ria Misra - Gizmodo US[原文

(abcxyz)