「1970バグ」次期iOSにて解決予定

160226ios1970bug.jpg

今月大きな話題となったアップルの「1970バグ」。日付を1970年1月1日に設定するとiPhoneが壊れるというものですが、アップルはiOSの次バージョンにてこれを解決する予定。

今月22日にリリースされた最新ベータ版、iOS9.3で、設定できる日付に制限を設けることで問題に対応しています。1970年はもちろん、2000年12月31日以前には日付設定できなくなっています。1970バグに対して公式見解は発表されていませんが、巷ではどうやらUNIX時間の始まりと関係があるということになっています。

現在、ベータ版は開発者とベータテスト対象者にしか公開されていません。しかし、この春、正式リリースということなのでもうちょっとです。噂されている来月15日のイベントで発表されるのが濃厚ですね。

iOS9.3リリースまで、くれぐれも1970年に日付変更しないように!

source: Macrumors

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(そうこ)