ロンドンの通勤手段を塗り絵みたいにしたよ

2016.02.01 11:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160129nlon1.jpg


日本版も見てみたい。

みなさんはどうやって通勤・通学をしていますか? 都市部なら電車を使う人が多いでしょうし、郊外なら車やバスを使う人もいるでしょう。あるいは都心だと、電車を使うよりも歩いたほうが早いなんてこともあります。

上のカラフルなマップは、ロンドンの人がどのような通勤/通学手段を使うのかをカラフルに色分けしたもの。オレンジが電車か地下鉄、紫がバス、緑が歩き、赤が自転車です。製作者はConsumer Data Research Centreで研究者として働くOliver O’Brien氏で、データは2011年のものとなっています。

こうしてみると、中心部では徒歩が主流で郊外に行くにつれバス、そしてさらに外だと電車/地下鉄が利用されています。この傾向、なんだか日本と似ていますね。

また、この地図からはロンドンが抱える課題も見えてきます。たとえば、南東部のサザークや北東部のハックニーはより多くのTube(ロンドンの地下鉄)の駅が必要です。現状は駅が少ないため、人々は交通手段としてバスや自転車を利用しています。


160129nlon2.jpg


こちらはハックニーの拡大図。バスや自転車の割合が非常に高いですね。そう言えば僕も、最寄り駅まで20分かかる場所に住んでいた時は自転車に乗っていました。

このように、交通手段の統計を詳細に取ると都市が抱える問題がはっきりと分かります。日本でこのような地図が作成されているのかはわかりませんが、もしそのようなものがあったら見てみたいですね。個人的には東急、東横沿線から中央線沿線に行く方法がなさすぎるのが悩みです(いつも新宿経由です)。


source: CityLab

(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア