お見事! ゴルフロボがホールインワンを決める

20160207ngol1.jpg

囲碁に続き、ゴルフもロボの時代か…。

最近はロボットが人間のようにスポーツをこなしてもあまり驚かなくなってきましたが、彼らは新しい競技へと進出してきました。2016年のフェニックスオープンで、TPC スコッツデールの16番ホールに招かれたロボット「LDRIC the Robot」が見事なホールインワンを決めたのです。

このロボットを開発したは、Golf Laboratories Incを運営するGene Parente氏。LDRIC the Robotはスライスからフックまで、巧みに打ち分けることができます。

20160207ngol2.jpg

力強いショットを放つ、LDRIC the Robot。

20160207ngol3.jpg

ボールは見事にグリーン上に。

20160207ngol4.jpg

そしてカップに近づき…

20160207ngol5.png

ホールインワン!

20160207ngol6.jpg

観客も関係者も大喜びです。

なお、このコースでは1997年にタイガー・ウッズがホールインワンを決めています。そのうち、ゴルフでも人間がロボットにかなわない…なんて時代がくるのでしょうか?

source: Golf Digest via ubergizmo

(塚本直樹)