Facebookアプリを削除すると最大15%バッテリー時間が伸びるとの衝撃の報告

Facebookアプリを削除すると最大15%バッテリー時間が伸びるとの衝撃の報告 1

やっぱり、かなりバッテリー食ってたんだな…。

iPhoneのFacebookアプリといえば昨年、バッテリー消費が激しいアプリだと指摘されていました。そして今回、英紙ガーディアンによって「Facebookアプリを削除し、Safariを使うと、バッテリー駆動時間が最大15%も伸びる」と指摘されてしまったのです。最大15%って! 今すぐアプリを削除したくなってきました。

この指摘をしたテクノロジーライターのSamuel Gibbs氏は1週間、Facebookアプリを使った場合とSafariブラウザでFacebookのモバイルサイトを閲覧した場合を比較。すると、平均で15%もSafariブラウザを利用したほうが長くバッテリーが持ちました。さらに、複数人でテストを行なっても結果は同様だったのです。

これから導き出される結果は…もうおわかりですね? Facebookアプリを使うよりも、Facebookのモバイルサイトへのショートカットを使ったほうが、iPhoneを長く使えるってことです。一応モバイルサイトでは共有機能に制限がありますが、バッテリー消費のことを考えたら些細な問題です。

Facebookは以前にもバッテリー消費問題の解決を表明していましたが、現時点では大きな改善は見られません。僕もFacebookアプリを削除して、どれくらい違いがあるのか試してみたいと思います。

top image by Twin Design / shutterstock.com

source: 9to5Mac

(塚本直樹)