米海軍、レールガンを2年以内に配備か?

米海軍、レールガンを2年以内に配備か? 1

レールガン、もう小説やアニメの話じゃないのです。

アメリカ海軍はレールガンを艦艇に搭載することを計画しているのですが、その計画が2年以内になると海外メディアが報じています。

このレールガンは、電磁誘導弾体をマッハ7の超高速で打ち出します。レールガンは従来の弾丸よりも6倍〜7倍も高速で、また巡航ミサイルよりも発射コストが安価という特徴があります。

搭載が予定されるのは、ズムウォルト級ミサイル駆逐艦のUSS Lyndon B. Johnson。ズムウォルト級で3隻目、そして最後となるこの駆逐艦に搭載された船用タービンが78メガワットの電力を発電し、レールガンで弾丸を打ち出します。また、レールガンが搭載される場合には艦の155mm先進砲システムの一つが置き換えられる予定です。

海軍のプランでは今年中にレールガンのプロトタイプのテストを開始する予定ですが、計画は遅れることが懸念されており、米海軍で水上戦ディレクターを務めるPeter Fanta氏もそれを認めています。

source: Fox News

(塚本直樹)