ジュラシックパークのあの車を作ってみよう!

ジュラシックパークのあの車を作ってみよう! 1

ジュラシックパークのテーマソングが聞こえてきそうです。

スピルバーグ監督による超名作映画「ジュラシック・パーク」。琥珀に封印された蚊の血液から恐竜を復活させ、太古の世界を復元しよう…というシナリオに、私もとってもワクワクしたものです。

さてそのジュラシックパークを象徴するのが、恐竜ツアーに使う4人乗りのSUVの電気自動車。映画ではティラノサウルスにひっくり返されたりと散々な目にあいましたが、イギリスのジュラシックパークの熱心なファンがそのツアー車を再現してくれました!

ジュラシックパークのあの車を作ってみよう! 2

改造のベースとなるのは「フォード・エクスプローラー」。小説版ではランドクルーザーですが、映画に登場したのはこちらの車両になります。

ジュラシックパークのあの車を作ってみよう! 3

まずバンパーとワイパーを取り外します。

ジュラシックパークのあの車を作ってみよう! 4

次にウィンドウなどをきっちりマスキングし、ペイント開始。特徴的なシマシマを描くのはなかなか難しそうです。

ジュラシックパークのあの車を作ってみよう! 5

完成! ホイールまで綺麗にペイントされていて、完成度は100%!って感じですね。

ジュラシックパークのあの車を作ってみよう! 6

このペイントにかかった総額は5,000ポンド(約80万円)。安くはありませんが、このジュラシックパークのツアー車が手に入るのなら、安いものでしょう!

今後、このツアー車はカーショーなどで展示される予定です。でもこの予算なら、見に行くよりも自分で作ってしまうのもアリなんじゃないでしょうか。詳しい制作手法はこちらをご覧ください。

source: Inverse.com

(塚本直樹)