旅に持って行きたい。文庫本みたいなLED照明

旅に持って行きたい。文庫本みたいなLED照明 1

見てるだけで癒やされます。

仕事を終え、家でくつろぎたい時には間接照明の優しい光がピッタリ。ふわっとした光で、私たちの心まで癒やしてくれます。それが本のように気軽に持ち歩けたら、いかがですか?

旅に持って行きたい。文庫本みたいなLED照明 2

有限会社アークトレーディングが開発した充電式ライト「Lumioシリーズ」は、一見本のような本体を開くとまるでぼんぼりのような照明が現れ、美しい光が周囲に溢れます。

こちらの「Lumiosf」は文庫本より少し大きめ。好きな場所に持ち運んでお気に入りの間接照明として使えます。ライトの明るさは500ルーメンで、40Wの白熱灯よりも明るい立派なもの。ライトは7~8時間点灯可能です。充電しながらでも点けていられる点も嬉しいですね。また、本体に磁石が搭載されているので金属の柱や冷蔵庫などにくっつけて利用することもできます。

カバーの素材はウォルナットとメイプルの2つで、サイズは16.5☓21.6☓3.2cm。価格は2万9600円(税込3万1968円)です。

旅に持って行きたい。文庫本みたいなLED照明 3

こちらはいくぶん小柄な「miniLumio+」。ライトは20W電球より少し明るい程度ですが、9時間という長時間点灯可能です。またUSB出力によるスマートフォンなどの充電も可能になっており、旅に持って行くにはこちらがぴったりかもしれませんね。

カラーはレッド/グレー、イエロー/ネイビー、オレンジ/ブラックの3色で、サイズは約9.2☓14☓3cm。価格は2万2600円(税込2万4408円)です。

source: 有限会社アークトレーディング

(塚本直樹)