「両親は3人」の赤ちゃんを作る技術、米政府の委員会が承認(でも女の子はダメ)

2016.02.05 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160205_3parents1.jpg


卵子ふたつを合体させて、さらに精子と合体させる。

米国食品医薬品局(FDA)が召集した専門家による委員会で、親を3人持つ子どもを人工的に作ることが承認されました。男性と女性合わせて3人分の精子と卵子をくっつけてひとりの赤ちゃんを作ることが、米国で近々合法になるかもしれないんです。といってもそれは三角関係の斜め上の解決策とかではなくて、非常にまれなミトコンドリアの異常による病気を回避するための手法なんです。ただしこの手法は、女の子の赤ちゃんには(当面米国では)使えません。

米国医学アカデミー(National Academy of Medicine)の委員会は、ミトコンドリア置換技術(MRT、mitochondrial replacement techniques)について数カ月間検討を続け、その結果を発表しました。この専門家による委員会は去年FDAの要請で創設され、親3人による体外受精の倫理的・社会的・政策的課題を検討してきました。

委員会は最終報告書の中で「MRTの臨床研究実施は倫理的に許容できる」と言っています。ただその臨床研究が倫理的に問題なく行われるようにと「一定の条件や方針」を満たす必要があるともしています。この報告を受けたFDAも、規制の手順を決めたうえで、MRTの臨床研究にゴーサインを出すものと思われます。

「これは素晴らしいブレークスルーであり、MRTがなければ遺伝的につながった健康な子どもを持てない患者に恩恵を与えられます」と、米国生殖医学会(American Society for Reproductive Medicine)のプレジデント、Owen Davis博士は言います。

ミトコンドリアDNAの欠陥は5000人にひとりに起こると言われています。これによってたとえば発作や発達の遅れ、失明、虚弱や疲労といった深刻な症状が起こり、命に関わる場合もあります。この病気の解決策のひとつが、女性ふたりの卵子を使うことなんです。ミトコンドリアは母親から受け継がれるものなので、母親のミトコンドリアを健康なものに入れ替えればいい、という考え方です。

具体的には、母親とドナーからそれぞれ卵子を採取し、ドナー卵子の核だけ除去してミトコンドリアを残し、そこに母親の卵子から取り出した核を埋め込みます。その卵子と精子をかけあわせてできる胚は、ドナーの健康なミトコンドリアを受け継いでいます。遺伝的にはドナー側の影響は非常に小さく、父・母とつながった子どもになるというわけです。

ただし委員会は、少なくとも現状では、「MRTを使えるのは男子の胚だけ」という条件を付けました。彼らが懸念しているのは、MRTによって何らかの異常が起きた場合、それが将来の世代に受け継がれることです。ミトコンドリアDNAの生殖細胞系の変異は父系では受け継がれないから男子はOK、でも母系では受け継がれるから女子はNGというのです。でもこの制約は、MRTで「何らかの異常」は起きない、と証明できればなくなっていきそうです。

New Scientistによれば、イギリスの研究者はこの「男子のみ」という条件に批判的です。というのもイギリスでは、MRTが性別の制限なしで去年承認されているんです。またこれによって生まれる子どもが次の世代を生む頃になれば、遺伝子技術もさらに進化していると思われ、FDAの委員会の結論は保守的すぎるのでしょう。

また委員会では、MRTの初期の臨床研究は特定の条件を満たす場合のみにすべきだとも言っています。その条件とは、たとえば安全性確保のための実験(生体外でのモデリング、動物実験、人間の胚での実験など)を行うこと、この手法の対象を「深刻なミトコンドリアの遺伝病を遺伝させ、子どもの死や大きな障害などにつながる危険のある女性」に限定するといったことです。さらに可能であれば前臨床研究で生育不能な人間の胚を使うこと、ともしています。

報告書では米国政府の関わり方についても触れていて、米国連邦としての資金はこの実験には使われないだろうとしています。MRTにおいては、研究段階でも臨床段階でも、人間の胚を作り出すだけでなく廃棄したり壊したりする可能性もあり、倫理的に懸念があるためです。

「研究目的での人間の胚の生成は米国の連邦法では禁止されていない(一部の州ではより厳しい)。が、FDAも米国保健福祉省の他の組織も、胚が破壊・廃棄されたり、その胚に対する医療的恩恵が期待されないようなリスクにさらされたりする研究には経済的支援を与えられない」と報告書にはあります。

この専門家による意見を受けて、次はFDAが判断することになりますが、その時期はわかっていません。ただイギリスではすでに承認されている手法であり、これからの世界にはほんの少しだけ、3人の親を持つ人が生まれていくことになりそうです。


source: NBCNew Scientist

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア