停止状態から時速509kmに達するのにたったの3.77秒

レースの世界は1秒が永遠とも言えるほど大きな意味を持ちます。モータースポーツならばなおさら、ドラッグレースならなおのこと。一瞬でトップスピードまで登り詰めるドラッグレース、NHRAトップフューエル覇者、Shawn Hangdon氏の場合は、わずか3.77秒時速509kmに。その様子が、彼目線の動画で公開されていますが、あまりの速さでよくわかりません。速いんだか、いつ速いんだかすらもわからない速さ。あれこれチェックを終えて、走りだすのは2:08頃から。

残念なことに、いくらドライバーの目線動画と言えども、これは体験しないとわからない世界なのかも。

Casey Chan - Gizmodo US[原文

(そうこ)