AIによる電気自動車ロボ・レースも開催。フォーミュラEが見せる未来のレース

フォーミュラ1ならぬフォーミュラE!!

フォーミュラE、おそらくほとんどの人が聞いたことないと思います。その名の通り、フォーミュラ1のようなカーレースなのですが、車が全て電気自動車。とは言ってもプリウスみたいなファミリーカーが走るわけではありません。下の動画を見てもらうと分かりますが見た目は車体の低いオープン・コックピットでフォーミュラ1とそっくり。

バッテリーは200kgリチウムイオン電池を全車共通で使用。レース中の最大出力は170kWと決められた基準に沿ったマシンじゃないといけません。しかしインバーター、モーター、トランスミッションはそれぞれのチームごとに開発された物を使うので、そこの技術力が勝負のカギとなるわけです。上の動画では電気自動車の基本的な仕組みをわかりやすいグラフィックスで説明してくれます。

下の動画では実際のレースの様子を見ることができます。今のところフォーミュラ1と比べると認知度も低く、TV放映権などが絡んだ大きなビジネスとはなっていないようですが、見劣りのしない本格さ。

一番の違いはでしょうか? やはりエンジン音がF1と比べて遥かに小さいように思えます。あと...やっぱり...ちょっと遅い

と、これはコースが市街地ということもあって抑えているという側面もあるようです。確かに爆音で、高速でクラッシュしまくるのがF1の魅力の一つでもあるのですが、こちらのフォーミュラEの魅力はやっぱり未来感でしょうか。なんと人工知能を使った自動運転レーシング電気自動車によるロボ・レースも開催予定ということで、今後ますます注目が集まりそうです。

source: FIA Formula E Championship via YouTube

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)