まだまだ使える? Windows XP SP4が非正規にアップデート提供

160217_windowsxp.jpg

マイクロソフト一切サポートしてませんが…。

Windows XPは、2014年4月に正式サポートが打ち切られました。その後もWindows XPを使い続けているユーザーは、セキュリティ上の重大な危険にさらされていることを意味しているでしょう。でも、いまだに世界ではWindows XPユーザーが増え続けていたりもするみたいなんですよね。

このサービスパックは、マイクロソフトによって提供されたものではないことを、初めにお伝えしておきたいと思います。もし現在もWindows XPを使い続けておられるなら、最新のオペレーティングシステム(OS)へのアップグレードを、絶対に検討すべきです。

こんな但し書きまでありますが、実は有志による「Windows XP Service Pack 4(SP4) Unofficial」のリリースが続いています。あくまでもUnofficialな非正規のサービスパックではあるものの、最新のOSにアップグレードすることができない事情があったり、経済的な余裕がなくWindows XPを使い続けざるを得ないユーザー向けに更新中。今月に入ってからは、最新バージョンの「Windows XP SP4 Unofficial 3.0」の無償配布が開始されましたよ!

32ビット版のWindows XP SP1が適用されたPCへインストール可能なWindows XP SP4 Unofficial 3.0は、現時点までに入手可能なあらゆる更新プログラムや修正プログラムをまとめているそうです。例えば、2016年1月までにリリースされた、最新のPOSReady版のアップデートが含められました。DxDiag関連のレジストリエラーが修正されたり、前バージョンの「Windows XP SP4 Unofficial 2.0」を適用したユーザーから報告されていた数々のバグ修正もなされているとのことですね。

Windows XPには、正式サポート打ち切り後に発見された、いまだにセキュリティパッチが提供されていない脆弱性が複数存在しています。ですから、たとえ非正規に最新版のWindows XP SP4 Unofficial 3.0を導入しても、防ぎきれないセキュリティ上の問題があると警告されてはいます。そうはいっても、なにもしないよりは、このサービスパックを適用したほうがはるかに安全かも? そんなワラにもすがる思いで、Windows XP SP4の利用が水面下で広がっていたりするのかもしれませんよね~。

source: Windows XP SP4 Unofficial 3.0

(湯木進悟)