アマゾンがオンラインからベンダー登録できる新サービス「Amazonベンダーエクスプレス」開始

160201AmaznVendorExpress-01_640.jpg

最短1日。

Amazon.co.jpは、セルフサービスでAmazonの仕入先として登録できる新サービス「Amazonベンダーエクスプレス」の提供を開始しました。

通常、Amazonの仕入先として取引をする場合は、バイヤーを通して契約を結び、商談で価格などを決めて商品を卸していました。今回のサービスは、それをすべてオンライン上で行なえるというものです。

取引の開始には、銀行情報、JANコード、商品画像が必須。これらをオンライン上から登録し、商品をAmazonの倉庫へ発送するだけ(配送費用はAmazon負担)。ここまですべて無料です。取引開始までは最短1日です。

新規商品の場合は、Amazonへサンプルとして少量の商品を無料で提供する必要がありますが、それにしてもこれだけのことを無料でできるのはすごいですね。

このシステムでは、商品の保管・管理販売発送返品カスタマーサポートをすべてAmazonが24時間体制で行ってくれるのがポイント。もはや、AmazonはECサイトではなく、ECプラットフォームになっていますね。

気になる卸価格の決定ですが、これはAmazonのビッグデータ解析が活用されています。登録されている類似商品の価格などから、適正な卸価格がオンライン上でわかるため、安心して取引できます。

モノを売りたいけれども、自分たちでは手間も時間もかかってできない。でも、Amazonベンダーエクスプレスを使えば、Amazonに商品を卸して販売できるようになります。

販売経路でお悩みのメーカーさんや個人事業主さん、これを機にAmazonと取引してみてはどうですか? ビジネスが大きく変わるかもしれませんよ!

source: Amazon.co.jp

(三浦一紀)