スマホは着実に財布になる。Apple Pay対応のATMが米国で準備中

スマホは着実に財布になる。Apple Pay対応のATMが米国で準備中 1

財布より、スマホを忘れる方が致命的に。

世界各地で着々と広がりをみせるApple Pay。昨年は米国の公共施設での決済に対応したり、英国で地下鉄に対応したりと話題を呼び、今年は中国の巨大マーケットでサービスを開始。その勢いはとどまることを知りません。

そんなApple Payの勢いを後押しする動きが、米国の銀行で進んでいます。大手銀行のバンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴ、チェースの3行が、Apple Payで用いるNFCを搭載したATMの開発を進めており、チェースは早くも今年後半に米国各地での展開を計画しているそうです。

これにより、Apple Payはデビットカードやクレジットカードの代わりとして決済をできるというところから、キャッシュカードの代わりに入出金まで対応することになります。ちなみにこのNFC搭載ATMでは、Apple PayだけでなくAndroid Payにも対応する模様です。

この流れにはもちろん理由があります。米国ではカードの不正利用や偽造が日本よりはるかに多く、磁気ストライプカードを使うことのリスクが非常に高いんですね。

銀行やカード会社からすれば、不正利用に対する補填やリスクをとるより、Apple Payなどの電子決済に対応して手数料を支払う方が、安上がりというわけなんです。

財布の中のカードを次々と代替していくApple Pay。もともとカード社会だった米国ゆえにマッチする部分も大きいでしょうが、ますますスマートフォン1台でお出かけが当たり前になりそうです。

source: The Verge

(小山和之)