「叩いて!」「ひねって!」「セルフィー撮るみたいに手を伸ばして!」モーションセンサー装着で超進化したオモチャBOP IT

2016.02.19 10:55
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160217bopittoy.jpg


「カラオケのマイクみたいに握りしめて!」

アメリカの昔ながらの子ども向けオモチャに「BOP IT」というのがあります。オモチャが「叩いて!」と言ったら横についたボタンを叩く、「ひねって!」と言ったらハンドルをひねる...とオモチャが出す指示に従って動作しないといけないのですが、どんどんとスピードが上がっていくというゲーム。こちらのコマーシャルを見ると遊び方がよくわかります。



子どもがたくさん集まって順番にプレイすると盛り上がるゲームなのですが、大人が一人でやると恐ろしく悲しくなるので要注意。

玩具メーカーHasbroはBOP ITの新製品を発表したのですが、なんとモーションセンサーが組み込まれており、出される指示がより複雑になっているようです。ただボタンを叩いたり、ハンドルをひねるだけでなく「ハンマーみたいに振って!」「セルフィー撮るときみたいに手を伸ばして!」「カラオケのマイクみたいに握って!」とユーザーのアクションも感知して採点してくれます。オリジナルの三つの指示だけを出す「クラシックモード」もあり、必要に応じて切り替えることができるようです。

大きなアクションも必要になったということで、大人一人で遊ぶとより一層悲しい雰囲気が漂うことになりそうです...でも時と場合と友人を選べば大盛り上がり間違いなしではないでしょうか!


source: Hasbro

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア