これは良い教育おもちゃ。レゴみたいなブロックで組み立てるカメラ

グーグルによる組み立てスマホProject Ara、カスタマイズ可能なモジュール式スピーカー、スマートウォッチ用のバッテリー、SIMカード、GPSモジュールバンドとシンプルなデザインが好きだけど、カスタマイズもしたいワガママな消費者に向けて「モジュール式」をキーワードにしたプロダクトが開発されています。

今回のプロダクトはコロンビア大学のコンピューター・ビジョン研究所が制作したモジュール組み立て式カメラCambitsです。それぞれのパーツが本当にレゴブロックみたいなシンプルなデザイン。これをつなげるだけで本当にカメラになるの?と疑ってしまいます。

ブロック同士は磁石でくっつく仕掛けになっており、それぞれのブロックについているピン状の端子が接することでデータと電気と制御シグナルをやり取りします。

白がベース、赤がセンサー、青はフラッシュ、緑がアクチュエータ、黄色はレンズ、オレンジはその他のフィルターなどのアクセサリーとなっています。

確かにカメラってそもそも色んなレンズを付け外ししますから、組み立ての要素はすでにあったわけですね。それをさらに細かくモジュール化してしまうのはまさに発想の転換です。レンズを二つ付けたり、顕微鏡風な仕組みを作ったりと、色々な組み合わせが可能です。

もちろん本格的な撮影に使えるものではありませんが、何といっても、か...かわいいっ...!

これは良い教育おもちゃ。レゴみたいなブロックで組み立てるカメラ 1

今や小さい子どももスマホで気軽に写真を撮りますが、カメラの仕組みを理解できる教育おもちゃとしてもすっごく良いのではないでしょうか。

source: Columbia Engineering

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)