朝食にチョコレート等のデザートを食べると痩せるという研究結果が明らかに

朝食にチョコレート等のデザートを食べると痩せるという研究結果が明らかに 1

この記事は2012年02月27日公開のものを再掲載しています。

えー! デザート食べると太るっていうのが常識だと思っていたのに。

朝食にデザートと低カロリーの食事を組み合わせることで体重を減らすことができるとかいう研究結果が明らかに! 1日の始まりにスイーツ、クッキー、クレームブリュレ、ケーキをとか食べると、体重を減らせるって本当ですか、今すぐ朝ごはんに甘いもの食べちゃって良いんですか?

 

研究では、144人の肥満の男女を対象に1日あたり男性1,600kcal、女性1,400kcalの摂取制限ダイエットを2種類の方法に分けて実施されました。

一方は低糖質で低カロリーの朝食を、一方は高タンパク質かつ高炭水化物で必ずチョコレートやケーキ、クッキーやケーキ等ののデザートを含む朝食を食べました。

最初の16週間の研究の結果は、どちらのダイエットグループも大差なく平均で14kg減量しました。しかしさらに16週間後、朝食にデザートを食べているグループはさらに5.9kg減量したのに対し、低カロリーの朝食グループはなんと1.6kg以外全部リバウンドしてしまいました

この研究結果は2012年3月10日のSteroids誌で報告されたものです。

なんていうことでしょうか、同じカロリーを摂取するなら、朝にチョコやクッキー等の甘いものを食べた方が痩せるってことですよ!

image by NotarYES/Shutterstock

source: NY Times

Casey Chan - Gizmodo US [原文

(mayumine)