ウェブをより安全に。Chromeがセーフブラウジング機能を強化

2016.02.07 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160205_chromesafebrowsing.jpg


「あなたのPCは危険な状態です! 今すぐ最新版にアップデートを!」なんてバナー、1度は見かけたことがありませんか? Chromeを利用していれば、今後は表示されなくなるかもしれません。

グーグルは先日、彼らが昨年末にChromeに追加した、「セーフブラウジング機能」を強化すると公式ブログで発表しました。従来は、マルウェアやフィッシングサイトであったその対象を、ニセのダウンロードボタンなど、サイト内に埋め込まれたものにまで拡大するとのことです。

これで同社は、明らかなウィルスやマルウェアだけではなく、勘違いや不安を誘発するような、いわゆる「ソーシャルエンジニアリングも悪」だと明確に宣言したことになります。その線引の難しさはあるものの、ウェブをよりセキュアに、という同社の目的はとても評価できるのはないでしょうか。

ブラウザやツールがより安全になるのは歓迎ですが、実際はイタチごっこになることも事実。しばらくはまだ、1人ひとりが十分気をつける必要がありそうですね。


source: Google Online Security via TorrentFreak

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(渡邊徹則)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント
  • エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル|日本経済新聞出版社
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
  • ラズロ・ボック|東洋経済新報社
・関連メディア