スマホサイズに高感度センサー。パナソニックLUMIX DMC-CM10

160225panasonic.JPG

コンパクトなのにしっかりカメラ。

昨年発売時に注目を集めたものの、2,000台限定だったため多くの人が涙をのんだ、あのコミュニケーションカメラです。パナソニックLUMIX DMC-DM10が本日発売されました。すごいのは、ポケットにするっと入るサイズに、一眼レフに負けないクオリティがぎゅぎゅっと詰まっているところ。

高い画質を支えるのは、ハイエンドなコンパクトカメラに搭載される大型の1.0型高感度センサー暗い所での撮影にも優れ、ISO値を高く設定してもノイズを最小限に抑えることができます。ちなみにISOは最高25600。大型センサーだからこそ実現可能な浅い被写界深度により、背景をぼかした写真が撮れるんです。飯テロなんかに大活躍しそうじゃあないですか。

160225panasonic2.JPG

レンズはなんとライカです! 28mmのライカDCエルマリートレンズは、2.8Fと、大口径で明るい描写が可能になってます。

160225panasonic1.JPG

このクオリティにもかかわらず、ボディは1.0型センサー搭載のデジカメとしては世界最薄。 持ってみた感じでもスマホより気持ち厚いくらいです。

さらに、LTE搭載だから撮ってすぐさまSNSでシェアできるんです。ボタンひとつで画面がカメラから切り替わります。こうやって画面だけ見るとスマホにしか見えませんね。

160225panasonic3.JPG

これもうスマホじゃん! と思いますが、撮影した画像をスマホのそれと比べると、かなり違いがありました。お見せできないのが残念ですが、画面の明るさやクローズアップしたときの繊細さはハイエンドのコンデジそのもの。オートでさっと背景がキレイにぼけた写真が撮れてしまいます。一眼レフのようにレンズを動かして操作できるので、「カメラいじってる」感がしっかりあります。

カラーは一色だけですが、その代わりアクセサリーが充実していていろいろ遊べますよ。専用のハードジャケットはブラックとネイビーの2色(各1万2800円、税別)、レザージャケットはナチュラル、ブラック、レッドの3色揃っています(各1万4800円、税別)。

160225panasonic4.JPG

160225panasonic5.JPG

スマホのカメラも最近はかなりいい感じだけど、もうひといき!と思ってたところに登場してくれましたね。これでSNSの写真にチョイと差をつけてやりましょう。

source: PanasonicCP+

(Aska T.)