誰でも流し撮りチャレンジ「PowerShot G7 X Mark II」

160225-DSC_7276_R.JPG

1インチコンデジの主力機もアップデート!

グリップがついて、カクカクしたアウトラインになり、男っぽさが増した「PowerShot G7 X Mark II」。手にしてみると確かにグリップがいい。コントロールリングもスムース/クリックを切り替えられるようになりました。マニュアルライクに操作したとき、手に伝わる「いいもの触ってる」感が濃厚になりました。

160225-DSC_7271_R.JPG

ディスプレイの可動部も改良。従来機は自撮り用に上に向くヒンジのみでしたが、「PowerShot G7 X Mark II」はもう1軸増えて、下にも向けることができます。カメラを大きく上げて、俯瞰気味に撮影しやすくなりましたよ。

160225-DSC_7279_R.JPG

センサーやレンズはそのままみたい。でも画像エンジンがDIGIC 7となり起動も操作もスピーディになりました。そして撮影モードに流し撮りモードが追加。カメラを振ったときのスピードや中央部の被写体のスピードに合わせて、露出をうまく合わせてくれます。今まではハイテクニックが必要だった撮影方法も、画像エンジンの進化によって誰でもチャレンジできるようになるんですね。

何気にうれしいのがUSB充電に対応したところ。ポケットにさっと入れられるデジカメ選手権があれば、トップを狙える逸材です。

source: CP+ 2016

(武者良太)