タブレットの中に砂。こころ安らぐ砂絵のオモチャ

タブレットの中に砂。こころ安らぐ砂絵のオモチャ 1

儚い砂の良さ。

Crayolaと言えば、クレヨンや色鉛筆、マジックペンなど、絵を描くための道具が真っ先に思い浮かびますが、こういう描き方もCrayola担当なわけですか。Crayolaの新商品Sand Scribblerは、タブレット型のオモチャですが、スクリーンの中にあるのは砂。これは砂絵を楽しむためのオモチャ。

Sand Scribblerなら砂浜で絵を描いて遊ぶがごとし、お家でも砂絵が楽しめます。このオモチャ、砂浜とは違って指ではなく付属のスタイラスペンを使います。ペンに仕込まれた強力な磁石が、タブレット内に砂と一緒に入っているパーツを動かしサラサラーと描く仕掛け。

タブレットの中に砂。こころ安らぐ砂絵のオモチャ 2

タブレットの中に砂。こころ安らぐ砂絵のオモチャ 3

海外でも人気のある枯山水のミニチュアZENガーデンとは違い、子どもむけなのでLED内蔵で色を変えつつカラフルで派手に遊びます。描き終わったら、ちょちょっと振ればまた真っ白なキャンバスに。

タブレットの中に砂。こころ安らぐ砂絵のオモチャ 4

タブレットの中は砂ですが、砂糖が詰まっているようにも見えます。子どもにはますます魅力的かな。

source: Crayola

Andrew Liszewski - Gizmodo TOYLAND[原文

(そうこ)