アイアンマンに続いて今度はダース・ベイダーが義手をプレゼント

2016.02.01 22:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


これはいい話。

小学4年生のAlvin Garcia Flores君には生まれたときから右腕がありません。そんな彼の前に、ダース・ベイダーが義手を届けにやってきました

このダース・ベイダーに扮したのは、スター・ウォーズのコスプレ団体である第501軍団のメンバー。生徒たちの前でAlvin君に新しい腕を贈呈するため、帝国軍の面々を従えて学校に現れたのでした。

プレゼントされた義手を作ったフロリダの非営利団体Limbitless Solutionsは、去年ロバート・ダウニー・Jrが少年に届けた義手を作った団体でもあります。Alvin君の通う小学校のTerry Burton校長がその時のビデオを見て、まず思い浮かべたAlvin君のことでした。

その後、校長はAlvin君にもビデオを見せることに。「僕も欲しいな」というAlvin君の反応を受け、校長はLimbitless Solutionsに手紙を書きました。

そうしてAlvin君にも義手が贈られることになったのです。前回の義手はアイアンマンのボディスーツそっくりでしたが、今回プレゼントされたのはストーム・トルーパーをモデルにした義手! もちろん、学校に現れた第501軍団にはストーム・トルーパーもおりましたとさ。




source: Living Well Nebraska
image credit: Limbitless Solutions

Andrew Liptak - Gizmodo US[原文
(たもり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア