落としても無料で新品へ交換…ドローン保険がDJIから提供開始

落としても無料で新品へ交換…ドローン保険がDJIから提供開始 1

日本でもほしい?

なにかと話題のドローン。でも、実際に購入して操縦してみると、思いのほか難しいなと感じるユーザーも少なくないようです。うっかり操縦を誤り、激しく落下して壊れてしまうことだって多々あるみたいで…。

そんなユーザーの不安を解消すべく、ドローンメーカー大手のDJIは、Phantom 3およびInspire 1シリーズのドローン向けに「DJI Care」補償プランを発表しましたよ。6カ月保証または1年保証を選択し、DJI Careに加入しているドローンが壊れてしまった場合、保証期間内は完全無料で本体や搭載カメラなどの修理が可能。もし損傷がひどく、修理すら難しいときは、新品に交換してもらえるようにもなっています!

カスタマーエクスペリエンスとアフターサービスこそ、ブランドの確立や顧客との信頼関係の強化には不可欠なものとなる。新たにDJI Careを発表することで、顧客が安心してドローンを飛行させられるようになることを願っている。また、当社のドローンを飛ばす楽しみを、さらに多くの人が味わえるように道を開くものとなるだろう。

DJIのFrank Wang CEOは、こんなコメントを発表していますよ。確かにDJI Careにさえ加入していれば、初めて高価なドローンを操縦するという人でも、故障や落下を恐れず、堂々と飛ばすことができるかもしれませんね。ただし、DJI Careへの加入料金は、もっとも安い「Phantom 3 Standard」向けでも6カ月保証プラン99ドル(約1万1200円)に設定されています。日本円にして最低でも1万円を優に超える保険に入るかどうかは、購入時に真剣に悩むことになりそうですよ~。ちなみに最高額は「Inspire 1 V2.0」向けの1年保証プランで、699ドル(約7万9000円)もの保険料金が必要です。

すでに日本国内では、万が一、ドローンで事故を起こしてしまったときに、対人や対物の賠償金をカバーする賠償責任保険が発売済み。とはいえ、壊れてしまったドローンそのものを補償する保険は、まだ非常に珍しいでしょう。DJI Careは、まず米国、中国、欧州の一部地域のみで提供が開始されています。そのうち日本向けにも発売される運びになるのかもしれませんね。

image: LU YAO / Shutterstock.com

source: DJI via TechCrunch

Bryan Lufkin - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)