1,000馬力のF1カーと怪力ラガーマンのスクラム対決が実現

1,000馬力のF1カーと怪力ラガーマンのスクラム対決が実現 1

対決結果はいかに。

これまでもレッドブルレーシングでは、戦闘機やバイクなどと速度の対決は様々挑戦してきましたが、今回は純粋にパワー勝負となります。

マシーンは2012年に活躍したレッドブルRB8で、ドライバーは2014年からレッドブルに所属しているダニエル・リカルドです。RB8は時速335kmをたたき出し、馬力は1,000bhpと、まさにモンスターマシーンとなっております。

1,000馬力のF1カーと怪力ラガーマンのスクラム対決が実現 2

1,000馬力のF1カーと怪力ラガーマンのスクラム対決が実現 3

対戦相手は、イングランドのバーズに本拠地をおく、ラグビーチーム。2014-2015年にてシーズン準優勝をしている強豪チームで、8人のスクラムを組むと毎秒831kgものパワーを発揮します。

1,000馬力のF1カーと怪力ラガーマンのスクラム対決が実現 4

世紀の対決をご覧下さい。

結果は、両者とも一歩もひかず、1mも押し切ることが出来ず、引き分けでした。F1カーはタイヤから猛烈な熱と煙を出し、ラガーマンは負けじと踏ん張り返した結果です。

私の予想ではF1カーの圧勝で終わると思ったのですが、屈強なラガーマンはそれを覆してくれました。たぶん、やる気のスイッチが入ったのは目の前をF1カーが通り過ぎたときの苦笑の裏に隠れていたのかもしれませんね。

1,000馬力のF1カーと怪力ラガーマンのスクラム対決が実現 5

今回の対決で分かったのは、1,000馬力=8人力ということでいいですよね。

source: RedBull racing

(okeyuhi)