忍者(イタリア人)がF-35の初大西洋横断に成功

160209_f35ocean1_R.jpg

開発は順調?

2016年2月5日、AL-1と呼ばれる第5世代戦闘機F-35Aは、コールサイン「ニンジャ」のジャンマルコ少佐と共に、海外生産モデルの同機として初の大西洋横断飛行に成功したようです。

2月2日にイタリアのカメリ基地を飛び立ち、ポルトガルのラジェス空軍基地を経て、メリーランド州パタクセントリバー海軍航空基地に5日ダッチダウン。本来は3日に米本土に到着するはずでしたが、天候条件と整備の理由で遅延していたよう。

もちろん、単機で横断したわけではなく、C-130輸送機2機、ユーロファイタータイフーン1機、イタリア空軍給油機2機の助けを受けて、カメリからラジェスまで3回、ラジェスからパタクセントリバー海軍航空基地までに4回の空中給油を受けています。

今回大西洋を横断飛行した同機は、「電子環境評価」テストを3ヵ月に渡って行い、一定範囲の電磁波の影響下でも正常に作動するか検査する。将来的にはイタリア空軍は合計90機のF-35(A型&B型)を調達予定。

source: F35.com

(ロバーツ町田)