Galaxy Noteに低価格ライバル…LG Stylus 2が登場

160219LG-Stylus-2.jpg

これぞ最適解?

サムスンは、フラッグシップモデルのGalaxy Sシリーズに加え、専用のスタイラスペンでの操作が特徴的なGalaxy Noteシリーズにも力を入れています。スロットからスタイラスペンを取り出すと、サッと専用のメニューが表示され、指のタッチだけでは難しかった、スタイラスペンならではの高機能が魅力ですよね。ただし、こちらもフラッグシップモデルに位置づけられているとだけあって、値段も高いのが玉にキズ…。

そう感じていた人に朗報ですよ。このほどLGは、スタイラスペンでの操作性を大幅に向上させた「LG Stylus 2」を、新たなミッドレンジのモデルとして投入する方針を発表。来週開催されるMWC 2016にて初披露する予定と明らかにされましたよ。

LG Stylus 2は「G4 Stylus」の後継機種という位置づけ。とはいえ、新スタイラスペンは、ナノコーティング加工のペン先で、まるで紙の上に筆が走るような自然で高精度な書き心地を実現したとされています。スタイラスペンを専用スロットから取り出すと、サッと「Pen Pop」メニューが表示され、専用アプリの「Pop Memo」や「Pop Scanner」が一発起動。ただ安いスタイラスペンを付属させてみましたという印象がぬぐえなかった、前モデルのG4 Stylusとは大きく異なり、明らかにGalaxy Noteシリーズを意識した仕上がりになっていますよね~。

それでいて、LG Stylus 2は、フラッグシップモデルとして発表予定の「LG G5」とは一線を画した、より低価格で多くのユーザーに普及させることを目指したモデルになるようです。5.7インチのディスプレイで、OSには最新のAndroid 6.0 Marshmallowを搭載。スタイラスペンを使ったのに、専用スロットにしまい忘れていると警告メッセージを発する、便利な「Pen Keeper」機能も装備されていますよ。

実際にどれくらいの価格で発売されるのかが楽しみですけど、飽和状態のスマートフォン市場へ、手に入れやすい魅力あふれるスタイラスペン操作可能な新モデルが、意外と一石を投じるような展開になるやもしれません。このところLGのモバイル事業は、大幅な赤字続きで苦戦しているため、LG G5だけに頼らず、LG Stylus 2でもヒットを狙いたいというのがLGの本音のようです。いまのところ来月に韓国市場から発売が決まっているみたいですが、日本国内でも手軽に購入できるようになってほしいものですね。

source: LG via The Korea Times

(湯木進悟)