iPad Pro売れすぎ…Surface全シリーズを合わせてもかなわない模様

151029nipadpro.jpg

時代はなにかを求めている?

スマートフォンは売れているけど、タブレットは売れないという構図が、ここ最近の定番のようですね。このほどIDCは、2015年第4四半期(10~12月期)の世界のタブレット出荷台数を集計した「IDC Worldwide Quarterly Tablet Tracker」レポートを発表。年末のクリスマス商戦で盛り上がるはずが、同四半期のタブレット出荷数は6590万台にとどまり、前年同期比13.7%減の落ち込みに終わったことが明らかにされていますよ。

タブレットといえばiPadといわれていた頃ほどではないものの、依然として、アップルのiPadシリーズは、世界のタブレット市場でトップシェアに君臨中。同四半期には1610万台を出荷し、24.5%の市場シェアを確保しました。世界で売れるタブレットの4台に1台は、いまもiPadのようですね。ただし、この数字は、前年同期比で24.8%減の落ち込みぶりとなり、タブレット市場全体の失速を上回るスピードの不振が懸念されてもいるんだとか。

とはいえ、そんな暗い雰囲気を吹き飛ばす明るい材料として、同四半期半ばに発売されたにもかかわらず、iPad Proの販売台数は200万台を突破。競合するとされていたマイクロソフトのSurfaceシリーズは、全モデルを合わせても同期間中に160万台が売れたにすぎず、圧倒的なiPad Proの勝利となっています!

iPad全体では市場が細っても、このままiPad Proが売れに売れまくれば、タブレット業界をけん引するようなトレンドが生まれるでしょうか? 興味深いことに、Surfaceシリーズ全体でも、低価格のSurface 3ではなく、より大画面高額になるものの、キーボードをそろえてPC並みなSurface Proのほうが売れ行きは好調だったと明かされています。これまでのタブレットとは異なり、キーボードも備えられるiPad ProやSurface Proを、パソコンの代わりとして活用したいユーザー層が育ってきているのでは? そんな新需要への期待をIDCは表明していますね。

ちなみに、この分野でAndroidタブレット分が悪いことも指摘されました。大画面のタブレットでの操作性向上が、まもなく登場するであろう「Android N」への課題とされているのは当然なのかもしれません。時代は低価格なタブレットよりも、パソコンに代わるキーボード脱着式のタブレットを求める方向性へとシフトしてきているようですよ~。

source: IDC via PhoneDog

(湯木進悟)