著作権侵害だ! NBAゲームに登場する選手のタトゥーで裁判沙汰

著作権侵害だ! NBAゲームに登場する選手のタトゥーで裁判沙汰 1

複雑な世界。

著作権、コピーライト。知的財産を守る上で必要不可欠な存在でありながらも、時に煩わしくやっかいで、何が何だかわからなくなることも。今回、裁判沙汰になっているバスケゲームとタトゥーの場合、どう思いますか?

裁判を抱えているのは、「グランド・セフト・オート」を展開するゲーム会社テイクツー・インタラクティブ。問題のゲームは「NBA 2K16」。その名の通り、NBAのバスケゲームで、実在する選手が登場します。裁判を起こしたのはSolid Oak Sketches、タトゥースタジオです。Solid Oakは、たくさんのNBA選手にオリジナルのタトゥーをデザインし、施してきました。もうわかりますね。Solid Oakは、選手の体にあるタトゥーの著作権に対して、テイクツーがゲーム内でデザインを無断利用したと訴えているのです。

裁判対象にあるのは、ゲームに登場するコービー・ブライアント選手やレブロン・ジェームズ選手などのタトゥー、計8つ。ネタ元のロイターによれば、Solid Oakはタトゥー8つの使用料として114万ドル(約1億3300万円)を求める和解を持ちかけましたが、テイクツーがこれを拒否。

オリジナルのタトゥーデザインに価値があるのはよくわかります。が、ゲーム内に登場する実在の選手の腕のタトゥーにまで、コピーライトを主張するのはいきすぎなのでは。選手もびっくりしているのではないでしょうか。さて、裁判所の判断は…。

Image by meunierd / Shutterstock.com

source: Reuters via Slash Gear

(そうこ)