米NSAがイスラエルのドローンをハッキングしていた

2016.02.03 18:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160203israelihackeddrone.jpg


The Interceptの報道によれば、米国家安全保障局(NSA)はイスラエルのドローンをハック、イギリスの政府通信本部(GCHQ)と共同で内密に中東での動きを監視していたようです。

The Interceptの発表したレポートはEdward Snowden氏により入手されたファイルをもとにしたもの。このスパイ作戦のコードネームは「Anarchist」(アナーキスト)、NSAとGCHQはイスラエルのドローンがパレスチナで行なった作戦を監視、イランに対する攻撃の可能性がないかなどを探っていたとしています。

GCHQのファイルは元NSA契約職員Edward Snowdenから提供されたもので、ドローンカメラで録画された動画からの画像サムネイル集である一連の「Anarchist snapshots」(アナーキスト・スナップショット)が含まれています。ファイルには航空機の飛行経路がマッピングされた位置データも示されていました。要するに、米英の諜報機関はドローンの俯瞰視点を盗み見ていたのです。

イスラエルとアメリカは友達と思われていた方もおられるかもしれません。イスラエルとアメリカは対諜報活動で協力し合っており、2009年からはイスラエルにNSAの生データへのアクセスを許可する「覚書」も存在します。しかしそれらはアメリカがイスラエルをスパイするのを止めるものではありません。実際のところ、2002年のAPの報道によれば、イスラエルはアメリカの中東での対諜報活動において1番の脅威だとみなされているんです。

The Interceptのレポートには、2008年と2009年のイスラエルのドローンからのスナップショットも含まれています。イスラエルのドローンはミサイルと攻撃能力を有しているという報告にさらに信憑性を与える内容となっています。イスラエルはドローンに攻撃能力があるとは公には認めていません。興味のある方はThe Interceptのレポート(英語)ハックされたドローンからの画像も交えて読むことができます。


image by SonicN / Shutterstock.com
source: The Intercept

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文
(abcxyz)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スパイのためのハンドブック (ハヤカワ文庫 NF 79)
  • ウォルフガング・ロッツ|早川書房
  • 最強 世界のスパイ装備・偵察兵器図鑑
  • 坂本 明|学研プラス
・関連メディア