人類初の「無重力」MV完成! わずか216秒で撮ったOK Go最新作が世界同時解禁 #okgo

人類初の「無重力」MV完成! わずか216秒で撮ったOK Go最新作が世界同時解禁 #okgo 1

アッと驚くミュージックビデオの代名詞となった、ロックバンド「OK Go」の最新MVが、本日世界一斉公開になりました!

OK Goといえば、エクササイズマシーンやクルマ、巨大なピタゴラスイッチまでを駆使した、予想不可能コミカルなMVで知られ、毎回新作が公開されるたびにネット上が湧き上がります。さらに、動画制作もグラミー賞やMTVビデオミュージックアワード受賞をはじめ、広告業界や映画の世界でも賞を貰うほど評価も高い。

そして本日、世界同時解禁された新作「アップサイド・ダウン&インサイド・アウト」でOK Goは、なんと人類史上初めて全シーンを無重力撮影したMVにチャレンジしています!

全シーンを無重力で撮影

人類初の「無重力」MV完成! わずか216秒で撮ったOK Go最新作が世界同時解禁 #okgo 2

ラップトップを膝に乗せて機内に座るダン、ティム、ダミアン、アンディ。座っているだけのように見えますが、メンバーの足元に注目...。オープニングから「来るぞ」感が半端ない!

人類初の「無重力」MV完成! わずか216秒で撮ったOK Go最新作が世界同時解禁 #okgo 3

空中に浮かんだまま、チェーンをくぐったり、天井にまで上ったり、上下前後お構いなしにメンバーが飛んでいます。しかも小道具を出したり移動したり、全て早業。

ロシアのROSCOSMOSとガガーリン宇宙飛行士訓練センター、そしてロシアのS7航空からの全面協力を受けて撮影されました。訓練用の特別機が空中を放物線上に飛ぶ際に生まれる「無重力状態」を使って撮影しているんです。

しかも1度の飛行で生まれる無重力状態はわずか27秒。バンドはこれを8回繰り返して216秒の無重力を作ることに成功、この短い間で全ての映像を撮影してしまうという、本当に映像への思い入れが地球を超えちゃってますよ。

人類初の「無重力」MV完成! わずか216秒で撮ったOK Go最新作が世界同時解禁 #okgo 4

今回OK Goは最新MVをFacebook上で世界同時配信。それではご堪能ください!

OK Go - Upside Down & Inside Out

Hello, Dear Ones. Please enjoy our new video for "Upside Down & Inside Out". A million thanks to S7 Airlines. #GravitysJustAHabit

Posted by OK Go on Thursday, February 11, 2016

次々に繰り出される飛び散る色鮮やかな小道具。方向を無視したメンバーの動き。何度でも見たくなる、ついもう一回見たくなる、見る度に発見がありそう。テンション上がりますよ。

OK GoのInstagramでは制作中のクリップが同時に公開中。こちらも合わせてご覧ください。

このMVも、OK Goの哲学に共通するお馴染みの「ワンカメラ・ワンショット」で、無重力状態でも切れ間なく続く映像に仕上がっています。

これまでのPV同様、今作でも監督を務めたのは、OK Goボーカリストのダミアン・クラッシュと、グラミー賞受賞ディレクターのトリッシュ・シー。

この無重力PVの構想が生まれるキッカケは、なんとリチャード・ブランソンやイーロン・マスクのアイデアだったそうなのです。ダミアンは、「民間企業による商業宇宙旅行が話題になりだしたのが10年くらい前で、当時ヴァージン・ギャラクティック社やSpaceX社が進めている計画を聞いた時、人類が宇宙空間でアートを制作するようになる日もそう遠くないんだな、って僕には思えたんだ。」と語っています。

人類初の「無重力」MV完成! わずか216秒で撮ったOK Go最新作が世界同時解禁 #okgo 5

最新アルバム『ハングリー・ゴースト』のオープニング曲でもある「アップサイド・ダウン&インサイド・アウト」は、歌詞にも出てくる混乱や戸惑いを歌ったロックナンバーで、アルバムのコンセプトにもなっています。

最新アルバム情報

アーティスト名;OK Go

タイトル:HUNGRY GHOSTS(ハングリー・ゴースト)

ストア:iTunesAmazonアナログLP

リンク:公式サイトFacebookTwitterInstagramYouTube

これまでギズモード・ジャパンでも何度も取り上げてきたOK Go。今回のMVもどんな制作が舞台裏で行われてきたのか、メイキング映像の公開はいつかな?

source: OK GoビクターエンタテインメントGenius

(Yohei Kogami)