オランダに大便バンクが登場。肥だめ作ってどうするかって…

160215_ndfb.jpg

ちゃんと人のために役立つんです。

オランダで、大便バンクがオープンしました。といっても、うんちをお金みたいに溜めておいて後で引き出すとか、運用して増やすとかいうことじゃありません。アイバンクとか骨髄バンクみたいに、移植目的で体の一部を寄付するという意味での「バンク」です。オランダのライデン大学医療センターが、Dutch Donor Feces BankNDFB、オランダドナー糞便バンク)を開設したんです。

うんちの移植、というのもバンクと同じくらいインパクトがあるんですが、でもうんち移植がてきめんに効く病気があるんです。それはクロストリジウム・ディフィシル感染症という病気で、抗生物質を使った治療の後に起こります。つまり抗生物質で腸内細菌バランスが崩れてしまった人の腸に、健康な人の便に入っている腸内細菌を足してあげるわけです。ライデン大学のEd Kuijper氏によるとクロストリジウム・ディフィシル感染症患者への大便移植の効果は2013年に証明されていて、オランダではすでに月3、4回ほど移植手術が行われているそうです。

実は米国にも、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が立ち上げたOpenBiomeという大便バンクがすでにあります。MIT Newsによると、クロストリジウム・ディフィシル感染症患者は米国では毎年50万人もいて、そのうち1万4000人が死に至っています。

でも大便の寄付とか移植ってどんな風にするんでしょうか? 思いついたときに自宅で出したうんちをジップロックに入れて持っていく、とかじゃだめそうですよね。Open BiomeでもオランダのNDFBでも、ドナーはまず問診や血液検査、そしてもちろん検便などで健康状態を厳しく調査されます。その結果合格となったドナーは、OpenBiomeの場合でいうと、自宅ではなく米国マサチューセッツ州にあるOpenBiomeの施設で便を出す必要があるようです。その後は採取された便の加工や保存のプロセスがあり、必要になったら病院へ配送、手術では大腸内視鏡を使って移植先の患者の十二指腸へと届けられます。スクリーニングとか、施設に出向いての排泄とか、ドナーの負担は意外と大きいですが、OpenBiomeはその分1便あたり40ドル(約4,800円)をドナーに支払っています。

でもお金というより、うんちで社会貢献できるっていうのが素晴らしいです。うんちって、出すことは大事だけど、出たものは全然大事じゃないと思ってきましたが、人を助けることもできるんですね。日本にもいつか大便バンク、できるでしょうか?

image by Shutterstock/Dauma

source: Leiden University Medical Center via CITYLABOpenBiome via MIT News

(miho)